むちうちにも種類や症状の違いがあるの?

交通事故を起こすと、ほとんどの方がむち打ちになります。

また、むち打ちには種類があります。

①頸椎捻挫

 これは、一般的なむち打ちで70%程度をしめます。首の回りにある筋肉や靭帯が急激に

 伸ばされ炎症がおきます。これは、レントゲンを撮っても写らないのが難点です。

 症状は、首の痛み、肩の痛み、首を左右や回転など動かすと痛みが強くなります。

 治療法→温熱療法・マッサージ・電気療法など(症状によって異なります)

②ヘルニアなどの神経症状型

 首の骨(頚椎)は7個の骨で形成されています。そして、その骨の間から腕や指先に行く

 神経の根本があります。追突などが原因で神経の根本が損傷や圧迫され腕や指先に

 しびれ・痛み・違和感・感覚鈍麻などの症状が出現します。また、安静時は症状が腕にや

 指先にでなくても首を後方や左右に向けた時に症状が出る事もあります。

 治療法→首の牽引・電気・温熱・マッサージなど

③バレ・リュウ症候群

 別名、後頭部交感神経症候群ともいい頸椎に沿って走る後部交感神経が損傷し椎骨動脈が

 収縮して脳や脊髄の血流が低下し自律神経のバランスが崩れ首や肩の痛み以外に自律神

 経失調の症状が出ます。その自律神経失調の症状とは、めまい・吐気・耳鳴り・顔左右の鈍麻・

 全身倦怠感などが起こります。

 治療法→温熱療法や電気療法(マッサージや牽引は症状の強さによって決定します)

④脊髄症状型(脊髄損傷)

 首の骨の中にある脊髄に傷が付き、足の方にしびれなどの症状が出る場合があります。

 重症なバターンです。

⑤脳脊髄液減少症

 昔は、低髄液圧症候群とも呼ばれており、事故などの外部からの衝撃によ首の脊髄内に圧が

 一時的に急上昇し、その圧力が津波のように腰の脊髄の方に伝わり腰の神経を刺激し足の方

 に症状がでる事を指します。

 症状はかなりのパターンがあり首の痛み・耳鳴り・吐気・頭痛などがあります。

 

  上記の5つの種類があります。同じ種類のむち打ちの型でも患者様の症状の強さや年齢

  などにより治療法は変わる事もあります。

 

 

 

こちらの記事も読まれています ⇒ 「むちうちの症例と治療について」


交通事故治療に関するQ&A一覧へ

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
治療時間 日・祝
10:00~14:00 休診 休診
17:00~21:30 休診

受付時間:午前中/9:45~・午後/16:45~ ※月・火・木・金は21:30まで受付しています。
■水曜日午後の診療は17:00~21:00 ▲土曜日午後の診療は、14:00~17:00

交通事故治療体験談
よくあるむちうちの症状