むちうちによる首の痛み

むちうちで最も多い患部が首(頚椎)の炎症です。主に頸部捻挫とも呼称される症状ですが、交通事故による急激な過伸展と過屈曲によって頚椎に負担がかかる事が原因となります。
そもそも首は平均重量4~5kgの頭部を普段から支えているため、普通の動作で首に力を入れたり、寝違えたりする場合でもこのような頸部捻挫を起こすことがあります。

むちうちで見られる首の痛みも事故直後からでるものと、しばらく時間が経ってから出るものがありますが、痛みの度合いには個人差がございます。決して我慢できる痛みでも放置しないで早急に治療に入りましょう。
また首の痛みの他にも多くのが患者様が頚椎を中心として胸椎までの筋繊維の損傷を引き起こしている事が多く、その結果、痛みの範囲が背中にまで広がるケースも見受けられます。

 

■多様な症状の併発
また痛みの他にも痺れも併発する場合もあり、患部そのもの外傷性から発する痛みのほか「頭痛」「耳鳴り」「吐き気」「目まい」「動悸・息切れ」「倦怠感」といった症状も呈します。
この場合、むちうちの症状は頚椎捻挫とは別にバレ・リュー症状型といわれる脊髄のなかを通る自律神経への圧迫も考えられます。また病院での精密検査を受けたうえで、脳内に外傷性脳梗塞や脳内出血といった原因がないか確かめましょう。
原因がない場合ですと首周りのむちうちによる炎症が緊張状態をもたらし、血液循環を阻害している事が原因とも考えられます。

 

■治療にあたって
交通事故にもよりますが、頚椎捻挫によるむちうちの首の痛みについては骨や靭帯などの損傷に及ぶことは少なく、筋肉の部分の損傷によるものが多くみられます。
ただ安静にしている状態でも痛みが激しい場合は頚椎の骨・靭帯に損傷がおよんでいる可能性もあり頚椎カラーによる固定に寄って安静状態を維持します。
どのような、むちうちであれ激しい痛みや頭痛などの症状があるうちは安静することが第一です。

こちらの記事も読まれています ⇒ 「むちうちの症例と治療について」


むちうち症の症状一覧へ

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
治療時間 日・祝
10:00~14:00 休診 休診
17:00~21:30 休診

受付時間:午前中/9:45~・午後/16:45~ ※月・火・木・金は21:30まで受付しています。
■水曜日午後の診療は17:00~21:00 ▲土曜日午後の診療は、14:00~17:00

交通事故治療体験談
よくあるむちうちの症状